新型コロナウイルス感染防止に関して全国を対象とする緊急事態宣言が発令され、中部山岳国立公園における公園利用について自粛の呼びかけがなされました。
のりくら観光協会としても、このような流れを受け、各施設の営業自粛をしております。また、お客様には移動に伴う感染リスクをご理解の上感染防止にご協力をお願いいたします。
本来でしたら、多くの方に訪れていただき、乗鞍高原を楽しんでいただきたいのですが、残念でなりません。
来年もまた春には水芭蕉が山桜がスモモが咲きます。いつでも、温泉は満ちております。
心配なく乗鞍高原を楽しんでいただける状態で、皆様をお迎えできるよう自粛をしておりますので、皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

のりくら観光協会長

おうちでのりくら

おうちでのりくら

皆様、いつも乗鞍高原からのお便りを見てくださり誠にありがとうございます。
新型コロナウイルスによる影響で緊急事態宣言が出され、それぞれの地域で自粛期間が続いている事と思います。
現在、乗鞍高原も各宿、登山やアクティビティ、飲食店も自粛によりお客様をお迎えする事ができずにいます。
とても残念であり、1日も早く状況が良くなる事を願うばかりです。

プレスリリース

5/17緊急事態宣言の解除をうけて

政府による緊急事態宣言の解除発表 政府による緊急事態宣言の解除が14日に発表され、長野県は緊急事態宣言を解除されました。しかし、今月いっぱいは「県をまたぐ移動の自粛」は続くことになり、長野県からも引き続き、31日まで県を […]

5/6緊急事態宣言延長をうけて

国、長野県の緊急事態宣言をうけて 緊急事態宣言の延長が4日に発表され、長野県からは15日までの外出の自粛や観光施設などに対する休業への協力依頼、31日まで県をまたいだ移動の自粛依頼がありました。それにより本日までの公共施 […]


天 空 彩 煌(てんくうさいこう) 天まで聳える雪壁を切り開き、乗鞍の春は始まる。乗鞍岳の高山植物とご来光、水しぶきを上げる滝々と濃い星空の夏はあっという間に過ぎ、 やがて心まで染まるような彩りの秋がやってくる。凛とした空気が漂う冬は、煌めく雪と氷の世界の美しさに心奪われる。 そしてまた春が訪れる・・・

春のおすすめ

乗鞍高原の春は4〜6月
清らかな雪融け水に咲く水芭蕉から始まる乗鞍の春。天空3000mはまだ雪の壁、春の空が眩しく光る。

Active (動)

暮らしのため、自分のため、誰かのため。
または、まだ見ぬ何かを追い求めて、日々動き回る私たち。
でも実は、動き回ってはいるけれど、置いてきぼりにしているものがあるような。
詳しくは下のリックへ

Slow (静)

ゆっくりと静かな時間をもつこと。
それは、日々くるくると忙しい私たちだからこそ、活力をチャージするために、とても必要なこと。
喧騒から距離を置き、乗鞍の豊かな自然に囲まれてそんな時間をもってみると…。
詳しくは下のリックへ


Instagram


アクセス


遊ぶやくそくブログ

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

MENU