第7回 入賞作品 (2015)

最優秀賞

一生に一度会えるかどうかと思われる瞬間を見事に作品にした作者の力量が素晴らしい。
乗鞍岳頭上の太陽から伸びる幻日環と環天頂アークだけでも驚きだが、
そこへ太陽の中心から天頂に向かって飛ぶジェット機を写し込んだと言う信じ難いような作品だ


優秀賞

「めざめの刻(とき)」 山下 信子様

透明感のある朝の光線が作り出す光芒を見事な露出で表現している。
浅間山まで連なる幾重もの山の稜線を幻想的に浮き上がらせている。
画面手前の這い松と黄葉のダケカンバが立体的に陰影をなし、
標高の高い乗鞍ならではの魅力をシャープに表現している。

「冬解け」 宮崎 悦郎様

エメラルド色の池を画面上部に大きく構図し、右下に雪上を登る3人の登山者を配した大胆な構図がすばらしい。すっきりとしたスケール感と季節感のある作品だ


ベスト賞


松本市長賞

乗鞍観光協会長賞

女将さん賞

若旦那賞

あなたが選ぶベストシーズン賞

奨励賞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください