0263-93-2147 (のりくら高原観光案内所)
休暇村バス停より 牛留池
春の牛留池牛留池とミツガシワ牛留池周囲の木道牛留池 あづま屋凍った牛留池をスノーシューで歩く牛留池横にある「ねじねじの木」

牛留池(うしどめいけ)

標高1590mにある針葉樹にかこまれた静かな池。湖面に乗鞍岳が逆さまに映り込む風景が素晴らしく、遊歩道が整備され、起伏の少ないゆるやかなコースでのんびりと森林浴が楽しめます。景色だけでなく、植物や野鳥観察にも適した環境です。

お問い合わせ

のりくら高原観光案内所(場所の説明、遊歩道の状況など)

  • 〒390-1520 長野県松本市安曇4306-5
  • ☎ 0263-93-2147
  • 営業期間 通年
  • 営業時間 9:00〜17:00(冬期は〜16:30)
  • 定休日  年中無休
  • 最寄りのバス停 観光センター前バス停のすぐ横

乗鞍自然保護センター自然関連について)

  • 〒390-1520 長野県松本市安曇4306-5
  • ☎ 0263-93-2045
  • HP www.go.tvm.ne.jp/~norikura-vc/
  • 電話対応時間 9:00~17:00
  • 営業期間 4月15日~11月15日
  • 休館日  水曜日 ただし休日の場合は営業、GW・7月中旬から8月中旬は無休

 

 見どころ

池の向こうに乗鞍を一望する風景が素晴らしい場所です。
5月には水芭蕉、6月にかけては、ミツガシワの白い花が咲き、その上を飛び交うルリイトトンボやルリボシヤンマなどを、あづま屋から間近に観察できます。
夏にかけては、野鳥の種類も多く、バード・ウォッチングに適しています。
メボソムシクイ・ミソサザイ・カッコウ・キビタキ・コルリなど。
厳冬期に結氷すると、スノーシューなどで池の上を歩く体験もできます。

 

  • 観光期間 一年を通じて見学可能。
    但し、積雪期はスノーシューなどの装備が必要となる場合もあります。
  • 観光時間 駐車場より約30分
  • 最寄りのバス停 休暇村
  • 最寄りのバス停からの移動手段 遊歩道を徒歩で(のりくら散策ガイドEコース参照)
  • マイカーでの移動 観光センターよりエコーラインを約10分走ると休暇村があり、向い側の駐車場が利用可能。
  • 駐車場 55台
  • 備考 雨の日は木道が滑りやすくなっていますので、足元にお気をつけください。
    春先は5月中旬まで残雪があり、滑りやすいです。

追加情報

エリア

休暇村周辺

季節

春, 夏, 秋, 冬

遊ぶ

グリーンシーズン, 登山 / トレッキング, スノーシュー

所要時間(歩き方等により前後します)

30分~1時間未満

レベル

幼児のお子様連れで可能, 初心者向け

お天気

晴れ, 曇り, 雨

距離

-1km