0263-93-2147 (のりくら高原観光案内所)
一ノ瀬園地 まいめの池
一ノ瀬園地 レンゲツツジと乗鞍岳一ノ瀬園地のまいめの池と乗鞍岳一ノ瀬園地のどじょう池と乗鞍岳一ノ瀬園地 あざみ池の新緑一ノ瀬園地 水芭蕉の群生と乗鞍岳一ノ瀬園地 夏の女小屋の森

一ノ瀬園地

緑の草原に白い白樺、遠くに乗鞍岳と青い空。高原を代表する風景が見られる所です。山間部には珍しく、起伏の少ない平野が広がり、その中を遊歩道がめぐらされ、池や植物、野鳥など自然を身近に感じながら、ゆっくりとした時間を楽しめます。

お子様連れの方は、流れる小川の畔で水遊びをしたり、昆虫や草花の観察を楽しむのもいいですね。日よけの帽子やタオル、カメラを持って出掛けましょう!
夏には可愛いヤギの放牧もあります。

また、川沿いのバーベキューエリアでは、屋外のバーベキューランチを楽しむこともできます。ご家族連れやグループの皆様に喜ばれています。

<お問い合わせ>

のりくら高原観光案内所コース説明、遊歩道の状況など)

  • 〒390-1520 長野県松本市安曇4306-5
  • ☎ 0263-93-2147
  • 営業期間 通年
  • 営業時間 9:00〜17:00(冬期は〜16:30)
  • 定休日  年中無休
  • 最寄りのバス停 観光センター前バス停のすぐ横

乗鞍自然保護センター自然関連について)

  • 〒390-1520 長野県松本市安曇4306-5
  • ☎ 0263-93-2045
  • HP www.go.tvm.ne.jp/~norikura-vc/
  • 電話対応時間 9:00~17:00
  • 営業期間 4月15日~11月15日
  • 休館日  水曜日 ただし休日の場合は営業、GW・7月中旬から8月中旬は無休

 

 見どころ

<まいめの池>乗鞍岳を映し込む池で、秋は紅葉が色を添えてくれます。撮影ポイントとして、大変人気があります。

<あざみ池>
池の回りを周回しながら楽しむことができ、ミツガシワ・ベニバナイチヤクソウなどの植物やモリアオガエル・アオイトトンボなどの昆虫、アオジ・クロジの野鳥など、様々な自然観察ができます。乗鞍岳は見えませんが、静かな佇まいで落ち着く所です。

<どじょう池>春 水芭蕉が咲く頃、乗鞍岳を映して素敵な景色を見せてくれます。初夏にはミツガシワが咲き乱れます。

<女小屋の森>一ノ瀬園地の奥にあり、雪融けと共に水芭蕉が咲き乱れ、それを囲むように樹木が茂り、周回する木道があります。オソメジッケの水芭蕉群生と併せて、4月下旬〜5月上旬に散策する方が多く訪れる所です。

<つつじ園>6月に 鮮やかなレンゲツツジが高原を彩ります。つつじ園からは、残雪の乗鞍岳と一緒に眺めを楽しめます。

 

のりくら散策ガイドDコースをご参照ください。
※キャンプ場の利用については、「一ノ瀬キャンプ場」をご参照ください。
※川沿いのバーベキューエリアをご利用希望の方は、「ネイチャープラザ一ノ瀬」にお申し込みください。
※紅葉シーズンに人気がある「大カエデの紅葉」も一ノ瀬園地にあります。

 

  • 観光期間 一年を通じて見学可能。
    水芭蕉鑑賞の頃は、残雪やぬかるみが多いので、長靴などが適しています。
    厳冬期はスノーシューやネイチャースキーなどを楽しむことができます。
  • 観光時間 全体を周遊する場合は約2時間
  • 最寄りのバス停 高原内を走るアルピコバス「観光センター前」を下車。一ノ瀬園地方向へ徒歩約30分 1.5km
    ※周遊バス「一ノ瀬園地」下車(特定日のみ運行)
  • マイカーでの移動 県道84号線と上高地乗鞍スーパー林道A線との交差点を、一ノ瀬園地・奈川村方向へ。
  • 自転車での移動 レンタサイクル等によりサイクリングロードを利用して一ノ瀬園地へ→「サイクリング」ページ参照
  • 駐車場 85台(ネイチャープラザ一ノ瀬) 150台(座望庵) 25台(つつじ園)
  • 付属施設 ネイチャープラザ一ノ瀬」「座望庵」にて、食堂・バーベキュー申込み・トイレ利用ができます。

 

Additional Information

エリア

一ノ瀬園地周辺

季節

春, 夏, 秋, 冬

遊ぶ

グリーンシーズン, 登山 / トレッキング, サイクリング, MTB, ホワイトシーズン, スノーシュー, XCスキー

レベル

幼児のお子様連れで可能, 初心者向け

お天気

晴れ, 曇り, 雨